太陽光発電の利点

太陽光発電はCO2を発生させないので、これからのエコ時代のエネルギーとして以前からよく知られていました。特に、化石燃料などの資源が乏しい日本では大変注目される分野でもありました。しかし、火力、水力、原子力など他の発電方法に比べると圧倒的に発電量が少ないということが導入・推進を阻んできました。

太陽光発電には欠かせないソーラーパネルや、その他の設備・機器・備品、さらに工事費を含めると、決して安価なものではないため、一部の企業や産業用として導入されるケースがほとんどで、一般家庭ではとても導入・設置できるようなものではありませんでした。しかし、その後、著しい技術開発によって住宅用の太陽光発電システムが相次いで登場し、エコロジーという観点以外の面からもその利点が注目されるようになってきました

エコロジー以外の太陽光発電の利点は、自然エネルギーである太陽光を利用するため、発電システムが非常に安全であり、事故やトラブルが発生する可能性が少ないことがあげられます。さらに近年では、地震や台風などの自然災害というリスクの高まりによって、緊急時の停電への備えとしての有用性が高く評価されるようになってきたことがあります。

一般の住宅で1年間に使用する分の電力を、3.5kwの太陽光発電パネルですべて賄えるとされています。自宅で使う電力は自分で賄いたい、災害時に備えたい、環境を破壊したくない、原子力のように人々を危険にさらすような発電を避けたいといった考えの人には最適な発電方法といえるでしょう。

燃料費の高騰によって、今後、電力会社が電気代を値上げする可能性が高まっているなか、こうした経済的なリスクへの自衛策として、少しでも電気の供給を安定させたい、安心・安全に暮らしたいという消費者の考えを反映して、太陽光発電への期待が高まり、そして導入の動きが徐々に加速しています。

燃料を使用せずに、自然の力によって発電する主な方法には、風力発電、水力発電、太陽光発電があります。ただ、風力と水力は、燃料を使用しないとはいえ、これらの設備を整えるには莫大な費用がかかるうえに、建設するために山を崩したり、森林を切り拓くなど、自然環境を破壊するという問題が伴ないます。また、「燃料が必要ない」という点では、地熱発電や潮力発電がありますが、これらはまだ研究・開発段階であり、実用には程遠いのが現状です。現在、主力となっている火力発電は、その構造上、化石燃料が欠かせず、資源の枯渇の問題がつきものであり、CO2を発生させることによる環境破壊の問題もあります。原子力発電に至っては、東日本大震災による東京電力福島第一原発事故を見ればわかるように、その安全性は崩壊し、人々に大きな不安と恐怖をもたらし、日々の暮らしに混乱を招いています。

このように考えると、一般家庭に導入することができる発電方法は太陽光発電だけだということがわかるはずです。そして、すでに自宅に太陽光発電システムを導入・設置した人も少なくありません。そうした人たちは、インターネット上の一括見積りサイトを利用して業者を選んだケースが目立つようです。複数の業者を無料で比較・検討・見積りまでできるので、導入を考えている人は利用してみるといいでしょう。

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ