ビルへの導入なら

近年、CO2削減といった環境保護など、人々のエコロジー意識が急速に高まっています。そうしたなか、最近の高層ビルやインテリジェントビルの用途は住まいとしてだけではなく、企業などのオフィスとして使用されているケースが非常に多く、災害など緊急時の安定的な電力供給・確保が重要な課題となってきます。こうしたことから、ビルの屋上などに太陽光発電システムを設置しているビルが急速に増えています。

また、太陽光発電を導入することによって、「環境問題に積極的に取り組んでいる」という良い印象を周囲に与える効果もあるため、ビルを所有する企業や自社ビルの屋上などに太陽光発電システムを設置することでイメージアップにつなげようとする企業も多く見られます。

太陽光発電の導入に関する国や自治体などの補助金は一般家庭の住宅向けの制度であり、ビルは対象外となっています。しかしながら、最近は産業向けにも助成制度が設けられるようになっていますし、同時に売電価格も上昇しています。そのため、ビルの所有者や企業などが大規模な設備を導入することも比較的容易になっていますし、多額の設置費用の元を取るのも難しいことではありません。しかも、企業などが太陽光発電システムを導入した場合、一定の条件を満たせば税制面でも優遇措置を受けることができ、コスト削減・節税を実現することができます。

このように、ビルの所有者や企業が太陽光発電を導入するメリットには、イメージアップや節税など様々なものがありますが、最大のメリットといえるのは、災害時のエネルギー確保ということでしょう。ひとくちにビルといっても様々なタイプがあり、企業の自社ビルや、テナントが入った商用ビル、高層マンションなどがありますが、いずれにとってもその機能を維持するうえでの命綱になるのが、災害時の電力の確保です。そのため、日本を代表する有名なインテリジェントビルが、停電時でも電力を賄うことができる自家発電システムを完備しているのは有名な話です。こうしたエネルギーの一部でも太陽光発電で補うことができれば、環境に優しいばかりか、発電コストを削減することができます。太陽光発電は、既存の電力会社による火力、水力、原子力発電などのような大規模な施設・設備は必要ないため、導入に際して場所を選びません。しかも、企業などが独自に導入することが可能です。日光を遮るものがない場所に位置するビルであれば、かなり有効な発電施設となるでしょう。さらに、ビル内で使用する照明をLED照明などに切り替えることで電力消費量を減らせば、太陽光発電だけで照明分の電力をすべて賄うことも可能です。

最近になって建設されたビルやマンションの多くは、建設時にすでに太陽光発電システムを導入しているケースがほとんどですが、現在のように環境意識の高まりや、災害時の備えとして導入されるようになる以前に建設された建物の場合は、別途、システムを設置する必要があります。その場合、ビルを建てた建設会社に相談すると同時に、独自に優良業者を探してみるのも重要です。現在では、インターネット上に太陽光発電の比較サイトなどもたくさんあるので、そうしたところを積極的に利用し、一括見積りを出してもらって比較・検討することをおススメします

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ