詐欺にあわないために

CO2削減をはじめとした環境保護意識の高まりに伴ない、これをエコロジービジネスとして取り組み、積極的に推進している企業が増加しています。環境に優しいエコロジービジネスそのものは大いに結構なことであり、その動きが一般の市民へも大きく波及し、定着しつつあります。しかし、そこに目をつけ、無垢な一般市民の純粋な思いや取り組みを利用して大きく儲けようとする悪徳業者の暗躍が目立つようになってきています

同時に、地震などの自然災害のリスクに備える防災意識の高まりを悪用した災害ビジネスも登場しています。現在、一般市民がもっとも気をつけなければならないのが、環境ビジネスと災害ビジネスのふたつです。特に、この両者を兼ね備えた太陽光発電ビジネスは、より注意が必要な存在となっています

太陽光発電システムを導入する際に、悪徳業者の詐欺被害に遭わないように気をつけるポイントとしては、「屋根の状態を見ない」「図面しか見せない」「配線状況のチェックなどをまったく行なわない」といった要注意点があります。こうした項目がひとつでも当てはまるような業者は怪しいと考え、疑ってかかったほうが無難です。むしろ、「怪しい」と感じたら、その段階で取り引きを終了させ、別の業者を探したほうが賢明といえます。あまりにも不審な場合や、営業がしつこいような場合は、国民生活センターに相談するのも効果的です。トラブルの多い業者であれば、すでに同センターでも情報を把握している可能性があります。

悪徳業者と知らずに工事を発注してしまうと、依頼主が太陽光発電の仕組みをよく知らないことにつけ込んで、ずさんな施工を行ない、せっかくの太陽光発電でまったく利益を得られないということにもなりかねません。後になって訴訟を起こしたとしても、裁判のための費用がかかり、時間を無駄にしてしまうなど、よいことは何もありません。こうした無益なことを避け、詐欺に遭わないようにするためには自衛策を立てておくことが大事です。

太陽光発電の悪徳業者は、高齢者ばかりをターゲットにしているケースが少なくないので、特に注意が必要です。また、その業者が悪徳か優良かを見極めるには、取り扱っている太陽光発電システムのメーカーを聞くといいでしょう。複数のメーカーの製品を扱っている場合は、それぞれのメーカーの製品のメリット、デメリットなどを聞いて、それを比較検討してもらいます。これがスムーズにできる業者であれば、信用しても大丈夫でしょう。また、特定のメーカーの製品ばかりを、十分な説明もせずに勧めてきたり、その製品のデメリットについて触れようとしない業者は避けたほうがいいでしょう。

ただ、こうした業者の見極め方は、太陽光発電の素人が探りを入れていく手法に過ぎないので、必ずしも確度が高いとはいえません。もっとも安心・確実な業者の選び方は、太陽光発電の比較サイトで複数の業者から一括して見積りを出してもらうことです。すべて無料で利用できるので、ぜひ試してみましょう。

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ