広島県での業者選び

広島県は日本の中国地方に位置し、瀬戸内海に面しています。広島都市圏と備後都市圏を中心に工業・商業が盛んな地域です。県庁所在地の広島市は、中国・四国地方最大の都市で、政令指定都市にも指定されています。海や山の豊富な自然に恵まれ、農業や漁業も盛んなので、「日本国の縮図」とも呼ばれます。

広島県の日照時間のここ30年間の平均は、2042.3時間と非常に長く、日本の都道府県の中でも12位と上位に入っています。瀬戸内海気候のため温暖で、晴れが多く、雨が少ないという特徴があり、太陽光発電システムの導入に適した地域といえます。こうした環境的な好条件もあり、太陽光発電の導入件数が非常に多く、ここ3年の申し込み数では全国で10位になっています。助成については広島県からの補助はないものの、一部では助成を行なっている市もあります。たとえば、福山市では1件につき5万円の補助を行なっています。広島県では、恵まれた気象状況の中で、毎日の発電が楽しみになり、それがさらに節電やエネルギー意識の高まりにつながっていきそうです。

国からの補助は1kwあたり48,000円、上限は10kwまでとなっています。広い敷地と家屋を活かし、平均以上の太陽光モジュールを設置して、より多くの発電量を確保しようとしている人もいます。今後の電気代の値上がりの懸念や、災害などの緊急時の備えとしてのエネルギー対策、さらには環境保護のための取り組みとして、大きな価値があります。太陽光エネルギーを有効に活用するということは、単に生活に便利だということだけではなく、一人ひとりが実践できるエネルギー対策として、より広く普及し、定着することが期待されています。

太陽光発電システムを導入・設置する際には数百万円もの費用がかかりますが、最近のシステムは著しい技術革新によって高性能・低価格化が急速に進んでいます。そのため、導入時の初期費用は10年程度で回収できるまでになっています。今後も、より高性能で価格の安い太陽光発電システムが登場することが予想され、ますます手軽に導入することができるようになり、いずれはどこの住宅にも当たり前のように設置される日が訪れるのは間違いありません。

広島県など瀬戸内海地方でさらに太陽光発電の普及が広まれば、エネルギー問題の解消に貢献することにつながります。こうした広島県で太陽光発電システムを導入するなら、インターネット上の比較サイトを利用すると大変便利です。まとめて複数の業者から見積りを出してもらうことができるので、予算に合ったベストな施工業者を見つけられます。

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ