一般家庭への導入なら

最近では環境意識の高まりや、地震などの自然災害のリスクの高まり、さらに太陽光発電システムの低価格化、補助金の適用などもあって、太陽光発電を導入している一般家庭が増えてきました。また、これから導入を考えている人も少なくありません。

太陽光発電システムのメインとなる部分は、屋根や屋上に設置する太陽光発電モジュールです。日本の住宅は世界的に見ても多様なタイプがあり、伝統的な陶器瓦葺きのほか、いぶし瓦葺き、スレート瓦葺き、セメント瓦葺き、スレート葺き、金属屋根など、その種類は実に多彩です。そのため、太陽光発電モジュール設置には、こうした屋根の多様な形状、材質の構造など、非常に多くの複雑な要素を考慮したうえで検討する必要があります

様々な種類の太陽光発電システムのなかには、屋根とモジュールの一体型もあるので、その施行方法は実にバラエティーに富みます。たとえば、代表的なものをあげると、最近よく使われているスレート屋根に用いられるスレート工法は、軽くてコストが安い特徴があります。取り付け位置を確認して屋根にスレート金具を取り付ける簡単なものなので、金具に架台フレームを設置して配線に考慮しながらモジュールを置いていけば設置完了です。瓦屋根の場合であれば、支持瓦方式というものが用いられます。これはまず取り付けポイントになる瓦を外し、代わりに支持瓦と呼ばれるものを設置します。この支持瓦に架電フレームを固定し、モジュールを設置します。このほか、屋根の素材によっては、差し込み式もあります。これは、瓦などを外して固定板を取り付け、それに金具を取り付けて固定した後、瓦を元に戻します。隙間などをチェックした後、架電フレームを置き、モジュールを固定して置けば完了です。

モジュールを置く場所に関しては、屋根だけではなく壁や窓に設置することもできます。設置業者と角度の調整や設置方角などを相談し、より高い発電効果が得られるような方角、角度、設置方法を取り入れ、太陽光発電を効果的に生活に活かすようにしましょう。このほか、ひさし型やブラインド型などもあるので、新しい設置方法を聞いたり、独自に調べるなどして、コスト面に余裕がある場合は、デザインや雰囲気などにこだわってみるのもいいでしょう。

こうした太陽光発電システムの設置方法については専門家に相談するのが一番の近道といえます。信頼できる業者を探す際には、太陽光発電の比較サイトなどを利用し、無料見積りを出してもらってから選ぶと安心です

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ