長野県での業者選び

長野県は、本州内陸部に位置する県です。いわゆる内陸県(海に面していない)で、規模の大きな山岳地があるため、可住地面積率は他県に比べると小さい傾向があります。かつての信濃国にほぼ相当するので、「信州」と呼ばれることが多く、観光ガイドでも「信州」という言葉がよく使われます。長野県の県庁所在地は長野市で、善光寺の門前町として発展しました。1998年には第18回冬季オリンピックの開催地となりました。

長野県は内陸に位置するため、内陸性気候ですが、南北に長いうえに各都市の標高が異なり、さらに山脈や盆地の形状などの影響により、同じ県内でも地域によって気候の違いがあります。全体としては、冬の冷え込みは他の内陸県と比べると厳しいのが特徴です。逆に夏は、長野市や松本市などの盆地部では、日中の気温が東京とほとんど変わらず、猛暑日になることもあります。ただ、朝晩は涼しく、熱帯夜になる日はまずありません。標高が高い地域(軽井沢、信濃町、志賀高原、菅平高原、八ヶ岳山麓、開田高原、野辺山高原、上高地など)は亜寒帯湿潤気候で、一年を通して北海道なみの気候です。北信地方の大半と、中信地方・東信地方の一部は日本海側気候で、その他の地域は中央高地式気候です。

降水量は地域によって差が大きく、県の東信から北信にかけては年間1,000mm前後と少なめですが、中信から南信にかけては年間1,500mmにまで達します。北信地方、中信地方、東信地方の一部地域は豪雪地帯・特別豪雪地帯となっています。県の南北では降雪条件が異なっており、北部では西高東低の冬型、中部・南部は、関東・東海地方で雪を降らせる南岸低気圧が通過する際に大雪を降らせます。南信地方の伊那谷は、飯田市の旧南信濃村地域を除いて雪は少ないものの、寒暖の差が激しい傾向があります。

長野県の年間日照時間の平均は全国22位の1939.6時間となっており、太陽光発電の導入件数・申請数は全国11位とかなり普及しています。長野県は夏でも涼しく、寒暖の差が激しいこと、さらに日照時間が多いことから、高い発電効果が期待できます。冬場も晴天の日が多く、積雪もそれほど多くないので、太陽光発電にはかなり適した地域といえます。

助成金に関しては、長野県ではすでに締め切ってしまったので、国からの助成を頼りにするしかないようです。1kwあたり48,000円で、上限は10kwまでなので、大きな住宅であれば、大規模な太陽光モジュールを設置して発電量を増やすなど、広大な土地と環境を有効に活かした形での導入が可能です。

太陽光発電に適した恵まれた環境の長野県で太陽光発電を導入するのであれば、比較サイトを利用して一括見積りを取り、そのうえで業者を選べば、より高い発電効果が期待できるでしょう

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ