名古屋での業者選び

愛知県名古屋市は、人口が全国で第3位を誇る、日本有数の大都市です。名古屋市は全国の大都市圏の中では年間の日照時間が多い部類に入ります。また、愛知県全体では、全国の都道府県の年間日照時間の比較では7位(2091.6 時間)と上位に入っています。太陽光発電には日照時間と気温が大きく影響するため、名古屋市も含めた愛知県は地理的には好条件であるといえます。

太陽光発電モジュールの発電効率係数を計算する際には、摂氏25度を基準にしており、これを上回ると発電効率が低下し、下回ると上昇するようになっています。つまり、日照時間が長い時期や、太陽光が多く降り注いで気温が暑い時期が必ずしも発電効率がいいというわけではないのです。理想的なのは、日照時間が長く、なおかつ暑過ぎないということで、この条件が揃えば太陽光発電を行なううえではベストな環境といえます。名古屋市の平均気温は15.8度で、夏場の暑さを除けば、太陽光発電には比較的適した地域性を持っているといえるでしょう。こうしたことから、太陽光発電の導入件数は、ここ3年間で愛知県が全国トップとなっています

名古屋市で太陽光発電システムを導入・設置する場合には、国からの補助金が1kwあたり48,000円、上限は10kwまでとなっています。愛知県からの補助は、県内の市町村が提示している金額の4分の1、もしくは1kwあたり5,000円となっており、このいずれか低いほうが適用されます。上限は4kwですが、これは各市町村を通しての申請になり、名古屋市は現在、補欠対象者受付中ですが、補助を打ち切っている状態です。この補欠に入ることができれば、1kwあたり48,000円、上限10kwの助成を受けることができます。最近は太陽光発電システムの導入・設置を希望する人が増えているため、早めに申し込まなければ、すぐに希望者でいっぱいなってしまうので、希望者は急いだほうがいいでしょう。もし助成を受けられることになった場合は、3.5kwの平均的な太陽光モジュールで約168,000円の助成を受けることができます。

以前は1kwあたり70,000円で上限が700,000円まで助成を受けることができましたが、太陽光発電システムの性能向上・低価格化が進んだことで、設置コストが大幅に引き下げられ、これに伴なって現在では特別な補助はなくなりました。再度、募集が開始された場合は、急いで申し込みを行ないましょう。以前のような好条件になるとは限りませんが、将来的にはより高性能の太陽光モジュールの登場によって発電効率がアップしていることも十分に考えられます。

いまのうちから太陽光発電システムを導入しておこうという人は、まずは比較サイトを利用することをおススメします。複数の業者の見積りを一括して取り寄せられるので、じっくりと比較・検討することができ、よりよい太陽光発電システムを導入することができます。

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ