太陽光発電の業者選びnavi TOP>オススメのメーカー

オススメのメーカーは?

太陽光発電システム、ソーラーパネルを導入する際には、価格はもちろん、いかに効率よく発電できるかが重要なポイントとなってきます。しかし、それ以前に大切なことは、それぞれの家庭・住宅環境や土地柄・地域性などによって、メーカーの選び方が違ってくるということです。さらに、導入してからの使用期間も重要です。太陽光発電を導入するには、総額で数百万円に及ぶ多額の費用を投じることになるわけですから、導入後のアフターフォローやメンテナンスといった面でのサービスが充実していることも欠かせません。

太陽光発電システムは屋外に設置するものなので、台風のほか地震などの自然災害に強いシステム、ソーラーパネルであることが求められます。ただし、落雷を心配する人が多くいますが、ソーラーパネルが特に落雷に見舞われやすいといったことは決してありません。

また、屋根への負担を気にする人もいますが、屋根材とモジュールの間には隙間があり、そこから無駄な熱を分散させますし、もちろん重量によって屋根材や建物自体に負担をかけることはありません。

太陽光発電システムを選ぶうえで重要なのは“効率”です。そのため、電力を発生させるうえで効率のよい方角・設置角度・温度設定などがあるので、できるだけこうした条件を満たすことができる場所・方向に設置することが大事です

効率を重視するという観点から、モジュールの素材選びも大事なポイントになります。夏の暑い時期に気温がかなり上昇する地域であれば、気温の上昇に影響されにくい素材を選ぶようにしましょう。故障することはまずありませんが、あまりにも長い時間、気温の高い状況が続くのは、決して好ましいことではありません。長期的に見れば、寿命を縮める結果となりかねません。また、夏の暑さとは対照的に、北国では雪の重さに耐える頑丈な機種もあるので、地域によってはこうしたタイプを選ぶことをおススメします。

現在では、太陽光発電によって余った電力を売る際の売電価格が倍になるなどしたため、導入時の費用は10年程度で回収できるようになりました。こうしたこともあって、太陽光発電の導入を検討する人が増えてきています。しかし、高価なソーラーパネルを使用した場合は、元を取るのが難しくなり、安いメーカーのソーラーパネルを導入した場合と比べると、回収までの期間に数年の開きが出てしまうこともあります。

太陽光発電においてソーラーパネルと同様に重要なパワーコンディショナーも、メーカーによって性能、つまり変換効率がかなり異なります。当然、変換効率がよいメーカーの製品を選ぶのが理想ですが、性能がよい分、価格が高くなってしまい、元を取るのがやや難しくなります。そのため、パワーコンディショナーを選ぶ際には、価格のほか、どの程度の発電が見込めて、何年くらいで初期投資を回収できるかということを意識して比較することが大事です。

こうしたことから、太陽光発電の導入において、ベストのメーカーというものはありません。したがって、オススメのメーカーとして特定のメーカーをあげるのは困難といえます。つまり、太陽光発電システムの選び方はケースバイケースであり、それぞれの考え方次第といえます。しかし、専門家でもない人が自分ひとりであれこれ考えても最適な結論を出すのは難しいものです。そこで、太陽光発電の比較サイトを利用し、複数の業者の見積りを一括して取り寄せ、それらをもとに検討し、そのうえで専門業者と相談のうえで決めるのがベストといえます

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ