賃貸住宅への太陽光発電導入なら

マンションやアパートなどの集合住宅に太陽光発電を導入する場合には、自ら居住する住宅であることなどの基準がありましたが、2010年から賃貸住宅用の集合住宅でも補助金の適用を受けることができるようになりました。これは、太陽光発電の導入をしたいものの、設置コストの高さのために二の足を踏んでいた賃貸住宅のオーナーには朗報といえるでしょう。こうした制度改正により、最近では賃貸住宅においても太陽光発電の導入が検討されるようになり、その動きは急加速しています

マンション・アパートなどの集合・賃貸住宅の場合、一般の戸建住宅に比べて太陽光発電システム、ソーラーパネルの設置面積が広いため、その分、大きな発電量が期待できます。さらに、太陽光発電を導入している=環境に配慮している・電気代を節約できるということを入居者にアピールでき、好印象を与えられることによって他の物件との差別化にもつながります。太陽光発電によって発電した電気は、各入居者の希望で使用したり、あるいは共有部分で使用できるなどのメリットがあります。階段や廊下部分などの照明をLEDライトに切り替えることで電気代を削減でき、物件を維持・管理するオーナーにとっても大きな利点があります

設置面積が広いため、当然、導入コストは一般家庭よりも高くなりますが、以前に比べると国からの補助金を受けられるといったメリットもかなり多くなりました。また、新築時に太陽光発電の賃貸住宅にすれば、建設費のローン負担も軽減できる可能性があります。通常、このローンの支払いには家賃収入が充てられますが、太陽光発電を導入することによって、共有部分で使用する電気代を削減することで維持・管理費が軽減できますし、余剰電力の売電で一部を賄うこともできます。

太陽光発電システム・蓄電システムを装備することによって、災害などの緊急時でも電力を使うことができるので、入居者への大きなアピールにもなります。近年、人口減少などによって入居者が伸び悩む地域では、空き室が目立つ集合住宅も多くなっています。こうした地域であっても、太陽光発電システムを導入していることをセールスポイントにすれば、入居者を増やすことにつながる可能性があります。

賃貸住宅の場合、集合住宅であれ、戸建住宅であれ、入居者が建物に太陽光発電システムを設置することはできませんが、ベランダや庭に小型のソーラーパネルを設置することで、太陽光発電を導入することが可能です。現在ではそうした独立系システムのキットなども販売されています。一般の家電量販店でも販売されていますし、価格も20〜40万円程度のものがあるので、比較的手軽に導入することができます。こうした発電キットは自動車に設置できるものもありますし、またアウトドアでの利用も可能です。

いずれにせよ、賃貸住宅用の集合住宅でも太陽光発電の補助金が適用されるようになったことで、今後、さらに賃貸住宅にも太陽光発電の設置が増え、環境に優しい住まいが実現されていくことでしょう。まだ、導入していない賃貸住宅のオーナーは、まず太陽光発電の比較サイトなどで一括見積りを出してもらうことから始めてみましょう

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ