札幌での業者選び

北海道は、広い大地と豊かな自然があふれ、観光で訪れるのはもちろん、住んでみたいと思わせる条件を揃えた地域といえます。都会では手に入らない広い家でのんびりと暮らすなら北海道に勝る土地はないといっても過言ではないでしょう。生活するうえでは物価も比較的安いので、暮らしやすいといえます。特に札幌は、日本の他の大都市圏と変わらず発展しており、利便性もよいため、人口は全国4位にまでなっています。気温が低く、長い冬を越すのは市民にとっては厳しいものですが、近年ではヒートアイランド化が進み、冬でも過ごしやすくなってきています。

雪が降る札幌では、太陽光発電システムを導入・設置したとしても、太陽光モジュール上に堆積した雪を放置すれば発電できなくなってしまいます。また、融けた雪や氷が太陽光パネルから落下し、人が怪我をすることも考えられます。

北海道の日照時間は、帯広市を除いて年間2,000時間を超える平均値は少ないのが現状です。札幌の日照時間も、ここ30年間は1740.4時間となっています。したがって、太陽光発電システムによって十分な電力を発電するのには決して向いているとはいえません。

北海道のメリットは、年間を通して平均気温が低く、夏場は涼しいところにあります。気温が25度以上になると発電効率が悪くなる太陽光発電モジュールにとっては、札幌の夏は発電に適しています。しかも、札幌の住宅は比較的土地が広く、家屋も大きめなところが多いため、屋根に設置できるソーラーパネルの量も多くすることができます。最近では、冬場、雪が降っている時でも積もらない設置方法を採用した発電モジュールも開発されつつあるようで、今後、さらに期待が持てそうです。

札幌市で太陽光発電を導入する場合、国からの助成金、1kwあたり48,000円、上限10kwまで助成されます。現在のところ、北海道からの助成はありませんが、札幌市では1kwあたり4万円、上限12万円が支払われることになっています。これらの助成金を合計すると、平均の3.5kw導入で288,000円の助成を受けられます。札幌で太陽光発電を導入する際は、忘れずに申請してみましょう

太陽光発電システムの設置コストは低価格化が進んでいるので、最近では全国的に一般家庭でも導入を検討する動きが見られ、これは札幌にも同様の傾向が見られます。太陽光発電を導入することによるメリットは多く、電気代の節約はもちろんのことながら、限りある資源の消費の抑制、さらに再生可能エネルギーを無駄にせずに効率よく活用できるという考えが広まって定着すれば、CO2排出といった環境汚染や化石燃料などの天然資源の枯渇問題を軽減・解消することができます。

札幌でも、様々な工夫のなかで、気温の低い時期での発電となる冬の晴れ間を有効に活かした効率的な発電に結びつけることが可能です。北海道は平均気温が低く、基本的に梅雨がないので、冬の降雪時以外であれば太陽光発電は非常に有効な発電方法だといえます。

こうした北海道のメリットを活かして太陽光発電を導入する場合、取り扱い業者を探すのが難しい可能性がありますが、太陽光発電の比較サイトを利用すれば、全国どこからでも複数の業者の見積りを無料で出してもらうことができるので、ぜひ利用してみましょう

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ