普及状況はどれくらい?

環境保護・エコロジー意識の高まりによって注目を集めている太陽光発電は、近年の自然災害の多発によって、緊急時の備えとしても関心が高まっています。また、著しい技術開発によって太陽光発電システムの高性能化・低価格化が住み、一般家庭でも導入の動きが急速に進んでいます。

家庭用の太陽光発電システムが登場した当時に比べると価格が大幅に下がり、導入する家庭が増えているとはいえ、全体で見れば普及状況はまだまだというのが現状です。マスコミなどで騒がれているほど、実は一般には普及しているとはいえないのです。

普及率の上昇を阻んでいるのは、なんといってもその導入コストでしょう。いくら安くなったとはいえ、数百万円にのぼる価格は、一般家庭においては大きな負担となります。確かに太陽光発電はCO2削減や温暖化対策といった環境保護に大きく貢献するものとして、国が戸建住宅や集合住宅、企業、産業方面に対して設置促進のためのアプローチを積極的に実施しています。補助金の支給や、太陽光発電の啓蒙活動も積極的に行ない、できるだけ早く国民の暮らしの中に太陽光発電を普及・定着させようとしています。

国が積極的に推進しているにもかかわらず、導入コストの高さが足かせとなって、太陽光発電の普及率は多くても数パーセント程度にとどまっています。国が掲げる発電コストの目標値は、2008年の段階で46円、2010年には23円、2020年では14円、そして2030年には7円にするために技術革新を進める計画になっています。

技術者の間では、発電コストの面で太陽光発電はもっとも安く、効率のよい発電方法になる可能性が示されています。太陽光発電は中心的なエネルギーになる期待が持たれていると同時に、環境への配慮、さらにコストの面でもかなり有効なエネルギーとされています。太陽光発電システムのさらなる性能向上とコストダウンを実現することによって、より安い価格で効率よく発電することができるようになり、なおかつ各家庭や企業での自家発電が可能となります。現在では、電気によって稼働する家電製品すべてを太陽光発電による直流方式で使えるようにしようと提案する家電メーカーもあり、太陽光発電の未来は非常に明るく、ますます導入が進むことが予想されています。

環境意識がさらに高まり、原子力に頼らない安全でクリーンなエネルギー(電力)が消費者に選ばれる傾向が強まり、太陽光発電システムを導入する家庭が増えれば、普及率は自ずと高まり、現在の1ケタから2ケタに乗るようになるでしょう。新築住宅や集合住宅、新たな公共施設などに当たり前のように設置されるようになる日はそう遠くないでしょう。

現在、太陽光発電システムの導入を検討している人は、真っ先に費用の面が気になるはずです。まずは太陽光発電の比較サイトなどを利用し、複数の業者から一括して見積りを出してもらい、そのうえで比較・検討するといいでしょう

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ