ワット数はどれくらい?

太陽光発電を導入する際には、どの程度の設備の規模が必要なのかを考えると同時に、どれくらいの規模で発電ができるのか、つまりワット数を検討することが重要です。太陽エネルギー(太陽光)を得るためにもっとも適した方角は南ですが、屋根の形状や周辺の障害物の有無によっては東西の二面にする場合もありますし、あるいは東南、西南に設置するケースもあります。太陽光発電システムの導入コストよりも発電量を重視するのであれば、一般的な畳14畳分に相当する3.5kwにとどまらず、最大レベルの5kwまでの可能性を考えてみるのもいいでしょう

立地や気象、その他の環境条件によっては希望通りにできない場合もありますが、可能な限り様々な可能性を探りましょう。太陽光発電には多くのコストがかかるので、初期費用を回収できるよう、より効率的な設置を検討しましょう。日本においては、企業や公共施設向けの太陽光発電システムよりも、むしろ家庭向けとしての導入を中心に、積極的に推進・働きかけを行なってきた経緯があるので、実は家庭用の太陽光発電システムの技術は、かなり進んでいるのが現状です。そのため、家庭用の太陽光発電システムの発電効率は非常に高く、3kwの設置で家庭での1年分の電力使用量を賄うことができます。

家庭に設置する太陽光発電システムは、その住宅の屋根をほぼすべて覆うソーラーパネルが中心で、その他の設備・機器類はそれほど多くの場所を必要としません。現在では公共施設や企業の多くが太陽光発電を導入していますし、産業用の大規模なソーラーパネルを導入している例もあり、今後、さらに広範囲にメガソーラーの普及が進むことが予想されます。

ガラス製のソーラーパネルなどもあるので、その設置場所は屋根以外でも可能となっています。マンシションのベランダや庭などに設置できるコンパクトタイプのポータブルソーラーシステムや、車や池、物置などに設置できるタイプのソーラーパネルもあります。太陽光発電のソーラーパネルには大小様々なタイプがあり、用途に合わせて使い分けることも可能です。こうした選択肢の広さも太陽光発電の魅力のひとつといえるでしょう。

このほか、導入・設置するという形態ではなく、一時的なレンタルや、中期的なリースも可能な場合があるので、太陽光発電に興味がある人は、まず小型のタイプをレンタルで試してみるのもいいでしょう。実際に使用してみることで、どれくらい効率よく発電できるのかを実感してみるといいでしょう。また、太陽光発電の仕組みを理解することができれば、自作することも不可能ではありません。現に、自作の太陽光発電システムを自宅に設置して使用している人もいるほどです。

太陽光発電は自家発電として緊急時に電気を使えるという大きなメリットがあるので、導入を考えている人が近年、急増しています。そうした人たちの多くは、太陽光発電の比較サイトを利用して、一括見積りを取り寄せるなどして各社の太陽光発電システムを比較検討し、そこから導入に至ったケースも多いようです

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ