横浜市での業者選び

一般家庭で日常的で使用する電気をできるだけ再生可能エネルギーで賄いたい、より安全で災害に強い暮らしをしたい、あるいは、自分で使うエネルギーは自分で選択して、効率よく使いたいといったように、最近の消費者はエネルギーに対する関心が高く、しかもその目はより厳しさを増しています。

燃料費の高騰や原発事故の影響による電気代の値上がりや原油価格高騰によるガソリン価格の上昇などを経験し、日本人の多くはこれからの生活のために、いかにして必要なエネルギーを確保するかといったことを深刻に考えているはずです。既存の大手電力会社への依存の構図からの脱却、安全でクリーンな発電方法に対するこだわりなど、様々な理由から、自家発電で賄えるものは賄いたいと考える人が急速に増えています。

こうしたなか、環境に優しく安全でクリーンな発電方法として注目を集めているのが太陽光発電です。最近では、屋根の上に太陽光発電システムを設置している住宅を見かけることがずいぶん多くなってきました。太陽光発電では、昼間は発電しつつ、そのエネルギーを使い、余剰電力は電力会社に売電することができます。夜間の発電しないときには、従来の電力会社から供給される電気を購入します。夜間の安い電気料金契約をしておくことによって、電気代を大幅に節約することができるというメリットがあります。

太陽光発電の導入にあたり、もっとも大きな懸念材料となるのが導入コストの高さで、以前に比べると安くなったとはいえ数百万円の費用が必要となります。しかし、国や各自治体(都道府県や市区町村)では補助金制度を設けているため、総工費の一部を節約することができます。余剰電力を売ったとしても、初期の導入コストを回収するまでには10年程度、もしくはそれ以上の時間がかかります。また、地域によって日照時間が異なりますし、設置するソーラーパネルの種類や性能、枚数によって発電量が左右されます。

神奈川県では2011年に就任した黒岩知事が、今後4年間で200万戸の住宅に太陽光発電を導入することを公約として掲げていましたが、これを撤回し、これからは数にとらわれずに「かながわスマートエネルギー構想」を推進していくことを表明しました。

神奈川県横浜市の現時点における太陽光発電の実質補助金は、社団法人太陽光発電協会から太陽光モジュール1kwあたり48,000円となっており、これは2011年と変わりません。神奈川県からの助成は、1kwあたり15,000円、上限は52,000円となっています。さらに、横浜市から1kwあたり15,000円、上限60,000円となっているので、標準の3.5kwを導入する場合であれば、「(48,000円+15,000円+15,000円)×3.5kw=273,000円」の助成を受けることができます。そのため、太陽光発電システムの導入費は、その後の売電収入を考えると決して悪くない投資だといえるでしょう。日本でもっとも人口が多い横浜市のこうした取り組みは、今後も大きな注目を集め、その他の自治体にも波及していくことが期待されます

以上のようなことから、横浜在住の人は太陽光発電の導入をより現実的に考えるようになったのではないでしょうか?それならば、善は急げということで、早速、太陽光発電の比較サイトを利用し、複数の業者の見積もりを一括して取り寄せてみてはいかがでしょうか?

太陽光発電一括見積りサイトランキング

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ